相性の良い

豆腐が苦手な人がイソフラボンを摂取するには?

イソフラボンは大豆に含まれている成分なので、逆に言うと、豆腐製品をたくさん食べれば摂取できるのです。
とりわけ、大豆が多く含まれるのは豆乳、味噌汁、豆腐、納豆ですね。
これらは原料が大豆だからです。

しかし、人によってはこの中の豆腐や納豆の独特の臭みが嫌だという方も見えます。
それも理解できることです。
そんなときは、違う形で摂取すれば良いのです。

例えば、味噌汁であれば具によって味はいくらでも変えることができますし、味噌の種類でも味はだいぶ違います。
また臭みはありません。
また豆乳も同じです。

今は様々な味のものがでているので、そういったものを購入することで違和感なく飲むことができます。
豆乳機がある人は更に便利です。
手軽に豆乳が作れますし、様々なレシピも考案できます。

好きな形でイソフラボンを楽しみながら摂取することができるのです。
しかし、大豆の香り自体がダメな人もいます。
よいと分かっていても、体が受け付けないという場合です。

この場合はイソフラボンサプリメントで摂取しましょう。
無理に食物から採っても続かないので、サプリメントでカプセルに入っているものであれば、匂いも味もほぼありません。
水と一緒に飲むだけですので、続ける上でも簡単です。
みなさんもイソフラボンで美容生活始めてみませんか。

このページの先頭へ