相性の良い

イソフラボンを摂取できるおすすめ食材

イソフラボンを摂取するのには、大豆製品を食べることが求められます。
一日の内に摂取した方がいい量は、結構多いのですが、それでも普段の食事で継続できるくらいのものです。
忙しくて時間がないならサプリメントがお勧めですが、飲み続けることを考えると出費にもなるし大変ですね。

それでもしできるなら、毎日定期的に大豆の料理を食べることが家計にも優しいです。
1日に摂取すると良いとされるイソフラボンの摂取量は75mgが目安とされています。
最初に勧める食材は、味噌汁です。

味噌汁も当然大豆からできているのでイソフラボンが含まれます。
しかも、朝は大体の食卓に並ぶのでそこまで意識しなくても続けることができます。
他にも納豆が挙げられます。

納豆が1パックで45mg摂取できるので、それにプラスして味噌汁を食べれば問題なくクリアーです。
後は料理方法が豊富にあって便利なのが豆腐です、そのままでも食べられますし、洋風にも調理できます。
当然中華風にもできます。

この豆腐には一丁で80mg含まれます。
イソフラボンは大豆製品で摂取できるので、自分で組み合わせを考えるなら、1日摂取量は間違いなく達成できます。
どれも日本人からしたら馴染みの深い食材ですので問題ありません。

このページの先頭へ