相性の良い

イソフラボンの効果を得る為の十分な摂取量は?

何でも適量が大切です。
最大の効果を引き出すためには摂り過ぎてもいけませんし、少なすぎてもいけません。
イソフラボンも同じです。

適量があります。
それが、一日に75mgと言われています。
ピンときませんね。

しかし、みなさん実は意識しなくてもこの半分の両くらいは毎日の食事で摂取しています。
例えば、納豆で35mgですし、豆腐一丁で80mgいきます。
豆乳もコップ一杯で38mg摂取できます。

ですからまあ大体半分は毎日摂取しているわけです。
残りの半分に関してですが、頑張って大豆製品をもう少し多めに摂取するか、それともサプリメントで補うかをきめることができます。
ここで注意したいのがサプリメントで摂取する際にイソフラボンを過剰摂取しすぎないという点です。

過剰摂取は問題を引き起こします。
とりわけ大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをしてくれるわけですが、それを摂りすぎるとバランスが崩れるのではないかと懸念されます。
それにより、ちゃんとサプリメントのパッケージにも過剰摂取をしないように注意書きがされています。

これを守ることでより健康になることができます。
面白いのが食品としての摂取であればいくら食べても大丈夫なのですが、サプリメントは危険であるという点です。
やはり自然が一番ですね。

このページの先頭へ