相性の良い

イソフラボンで乳がん誘発の問題は?

以前、話題になったのがイソフラボンを摂取することで乳がんになりやすいという発表がなされたことです。
それにより、イソフラボンのサプリメントにも過剰摂取をしないよう注意書きがなされています。
どういうことかというと、イソフラボンに含まれる物質が、女性ホルモンと同じ働きをすることから、植物エストロゲンと呼ばれています。
過剰摂取による副作用はhttp://2kewl4u.com/i14.htmlもご覧になってみてください。

それだけ効果性が高いということなのですが、問題は抗ホルモン作用、ホルモン作用両方あるのではないか?という疑問が投げつけられていることです。
これにより、多くの研究者が今までの定説が覆ると騒いだことが引き金です。
しかし、これに関しては今も研究中で答えが出ていません。
大げさに取り上げた結果、乳がんの元になるとまで言われたほどです。

実際には、日本での研究結果として面白いものの一つに、毎日味噌汁を食べる人ほど、乳がんになる確率がひくくなることが研究結果によりわかっています。
そしてまた注目を集めたのもイソフラボンなのです。
このことを考えると、乳がん誘発は話が膨らんでできたものであり、女性ホルモンに似た働きをしてくれることから逆に乳がんを抑える働きを期待できる物質であるということができます。
心配も度が過ぎて敏感になりすぎるとだめですね。

このページの先頭へ