相性の良い

不眠にイソフラボンは効果がある?

ストレスが溜まるやすいと問題になるのが、睡眠に影響がでることです。
眠りが浅いとどういう問題が起こるかというと、疲れがとれません。
そうすると当然、疲れが残ります。

次の日の朝起きても何かさっぱりしない、頭が冴えないのはこの理由にあります。
これがエスカレートすると不眠になります。
不眠はつらいですね。

不眠解消には様々な方法があります。
簡単な方法の一つが白湯の摂取です。
コーヒーなどの体を冷やすカフェインを含む飲み物を白湯に変えるだけで大きな効果があります。

もうひとつの方法が、大豆に含まれるイソフラボンを摂取することです。
イソフラボンには自律神経を整える作用があります。
これにより自律神経が整うとストレスの軽減につながり脳が安心して眠りにつくことができるのです。

イソフラボンは大豆製品に含まれるものなので、寝る前に何か飲む習慣があるなら、それを温かい豆乳http://muine-player.org/tou.htmlにかえてみるといいかもしれません。
それが快眠へと誘ってくれます。
最近、眠りが浅い気がする、もしくは疲れが取れていない感じがするのであれば、白湯習慣、豆乳習慣を身につけることができます。
また、豆乳以外にも、イソフラボンを普段から意識して摂取するようにしましょう。

このページの先頭へ