相性の良い

イソフラボンの栄養成分

大豆に含まれるとされるイソフラボンはどんな栄養成分を含んでいるのでしょうか。
まず、認識しておきたいがイソフラボンは、ポリフェノールの一種です。
特徴としては強い抗酸化力を持っています。

抗酸化力とは、体はストレスを感じたりすると、活性酸素を作り出します。
これは悪いことではないのですが、この活性酸素が多すぎると、体に害を及ぼしてしまいます。
その酸化作用を抑えるのが抗酸化作用になります。

そうすることでなにがよいかというと、生活習慣病を抑えることができます。
この病気はもはや他人事ではなくなってきています。
生活習慣がもたらす病気ですが、例えば、食生活はどんどん欧米化しています。

油を摂取することが増え、バランスも悪くなってきています。
コレステロールの問題です。
また眠る時間が定まらないことから、活性酸素が多く分泌されてしまいます。

こういった問題は誰にでも見られます。
ですから、今はほとんどの人がこの生活習慣病の予備軍であると言えます。
それを救ってくれるのが、ポリフェノール、イソフラボンの有効成分です。
もう一つ、大きな作用をしてくれるのが、女性ホルモンの様な働きをしてくれる成分を含みます。
このことからイソフラボンは、植物エストロゲンとも呼ばれているのです。

このページの先頭へ