相性の良い

イソフラボンは身体の中でどんな働きをするの?

大豆に含まれる健康食品のイソフラボンは非常に効果的ですが、実際に私たちの身体の中でどの様に栄養と変わっていくのでしょうか。
イソフラボンを摂取するときは大豆食品か、もしくはサプリメントとなりますが、食べた時は実は糖と結合しています。
この糖が切り離されたものがアグリコンとなります。

つまり、イソフラボンはアグリゴン型が一番有効であると言えます。
もうあらかじめ糖が切り離されているわけですので、すぐに効果を実感することができるわけです。
サプリメントを見てみると分かりますが、何型というのが記載されているので、今度購入する時はチェックしてみましょう。

このアグリゴンの構造が女性ホルモンのエストロゲンと似ています。
それゆえに植物エストロゲンと呼ばれているのです。
働きは様々ですが、女性ホルモンと似ていることからわかるとおり、乳がんに効果的であると言われています。

ですから若いうちから大豆製品をきちんと摂取しておけば、早めに対策できます。
また更年期障害にも非常に効果的です。
歳をとって体内で分泌されることが少なくなった女性ホルモンを、外側から摂取できるのでそれにより、ホルモンバランスを調整してくれます。
女性の強い味方です。

このページの先頭へ